株式会社Earth Japan|光触媒コーティング・複合型光触媒チタンテックス|関東全域対応

外装面を汚れから守る光触媒コーティング・24時間クリーンな環境を作る複合型光触媒チタンテックスならお任せください。

安全でクリーンな環境をご提供します。

ホーム ≫

最新情報

室内の環境改善から外装面の防汚加工まで
光触媒コーティングならお任せください

株式会社Earth Japanについて

安心・安全・低料金な光触媒コーティング

光触媒コーティング国内トップクラスの施工実績を誇るグループの正規施工店。
誠実丁寧に安心・安全・低料金な光触媒コーティングを提供いたします。

試験機関による新型コロナウイルス不活性化効果性能のエビデンス取得

試験は新型コロナウイルス株を使用し10時間経過段階で生株数を計測するもの。
チタンテックスのウイルス不活性化性能は10時間経過段階で99.9%以上の性能となり、実用レベルを得る。
■試験機関 株式会社食環境衛生研究所(群馬県)
      試験番号:217072N

ナノテクノロジーから生まれた光触媒


石油資源の枯渇、地球の温暖化などの環境問題解決のため風力 地熱 太陽光などの自然エネルギーを利用して電力をつくる取り組みが世界規模で行われています。
風力発電 地熱発電 ソーラー発電などがこれらを代表するものですが、自然エネルギーを利用する環境技術は他にもあることをご存じですか?
それは、光触媒(ひかりしょくばい)です。
これは今世紀最大の発見とされる環境浄化技術です。

※光触媒は地球上でもっとも強い浄化力を持つ物質で、現在これを上回る物質は有りません。

オゾンを超える分解力を持つ光触媒

光触媒は半導体の一種で、太陽光や蛍光灯の光エネルギーを受けると、強力な酸化分解力を発生させる物質です。
その分解力は、地球上で最も強力な酸化分解力を持つとされる、オゾンを大きく超えるほど高い力です。
下表は、酸化分解力の強さを示す酸化電位量を、水、塩素、オゾン、光触媒で比較したものです。
物質の酸化電位量表
物質名 塩素 オゾン 光触媒
酸化電位 +1.23V +1.36V +2.07V +3.00V

上表をご覧になり、個々の物質の酸化電位量をご覧ください。
例えば、水の場合は+1.23Vの電位量。塩素は+1.36Vの電位量という感じで見ていきます。
この数値が大きいほど有害物質を分解する力(酸化分解力)が高いことを表しております。
表から光触媒はオゾンを超える+3.00Vという高い数値となっております。
光触媒とは、この強力な分解力を利用した環境浄化システムです。

室内の壁や天井へ光触媒をコーティングすると、壁が見えない空気清浄化の役割を果たしてクリーンルームへ。
皆様も光触媒を利用した環境浄化システムを是非一度ご利用ください。

光触媒で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認

001l

 

光触媒が新型コロナウイルスに有効かどうか?
今まで検証されておらず明言化することはできなかったこの疑問に対してひとつの検証結果が報告された。
(以下、2020年9月25日、マイナビニュース原文より抜粋)

東京工業大学(東工大)、奈良県立医科大学、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは9月25日、可視光応答形光触媒材料(CuxO/TiO2)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化を確認したこと、ならびにその不活化条件を実験的に明らかにしたと発表した。

同成果は、奈良県立医科大学 微生物感染症学講座の中野竜一 准教授、東京工業大学 物質理工学院材料系の宮内雅浩 教授、神奈川県立産業技術総合研究所 研究開発部 抗菌・抗ウイルス研究グループらによるもの。
 

東工大ら研究グループが光触媒による新型コロナの不活性化を確認

 

光触媒のメリット

分解イラスト
1 安全性と持続性
光触媒は、自然界に豊富ある「酸化チタン」という金属を使って製品化されております。
酸化チタンは、医薬品 食品などの成分として利用される物質で、安全性については公的に認められております。
従って、公共施設や医療施設の環境システムとしても、利用することが可能です。
光エネルギーを利用する光触媒は、空気清浄機のように機械の設置、メンテナンスは一切不要です。
そして、この浄化力は基本的に半永久に持続します。
※オゾンや消臭スプレーのように、呼吸器へ悪影響を及ぼすこともありません

2 エコロジー
光触媒を動かすエネルギーは、太陽の光や蛍光灯などから生まれる光のエネルギーだけです。
日中は室内へ差し込む太陽光、夜間は蛍光灯の光エネルギーで光触媒は活動を行います。

3 分解できる物質について
シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド・煙草の煙成分に含まれるアセトアルデヒド・自動車の排気ガス・工場煤煙・ウイルス・花粉・病原菌・雑菌・カビ・不快な生活臭・薬品に対して体制化した耐性菌、耐性ウイルスなどを分解します。

4 防汚作用について
建築物の外装面・看板・エクステリアなどの汚れ防止(防汚)に利用することが出来ます。
光触媒が持つ、酸化分解力 親水性の2つの作用で、汚れの固着を長期間防止することが出来ます。

5 UVカット
酸化チタンは日焼け止めクリームの紫外線カット成分としても使用されている物質です。
このため光触媒を施工すると紫外線による色あせを防止することが出来ます。

日本の医療現場で実用化された環境浄化技術

手術室
光触媒が最初に利用された室内は、手術室の感染対策だったそうです。
手術室でバイ菌が繁殖すると、患者の体内へ直接感染させることになるので、室内清掃は特に厳重に行われております。
しかし、殺菌剤を使用した手作業のクリーニングでは作業する方の作業負担も大きく、作業時の拭き忘れも懸念されます。
そこで、手術室全体を光触媒で加工して衛生対策を行いました。その結果、管理コスト軽減 衛生管理の確実性が高まったそうです。
最近では、院内感染対策として病院全体で光触媒が加工されるようになっております。

NEWチタンテックス・次世代の光触媒

チタンテックスは光触媒をベースに、無光触媒・プラチナナノシルバーを複合させた複合型光触媒です。
光がある環境下では光触媒が中心となって環境浄化を行います。無光環境下では、先の無光触媒とプラチナナノシルバーが働いて環境浄化を行う、ハイブリッド浄化となります。


NEWチタンテックス成分・特徴

光触媒酸化チタン 優れた光触媒効果を発揮。浄化の中核となる主成分。
無光応答型触媒 光触媒が及ばない暗所環境での環境浄化に貢献
白金ナノコロイド配合 消臭抗菌力。2つの触媒の活性を高める
銀ナノコロイド配合 暗所環境での消臭抗菌力UP
ラインナップ 内装用・外装用・窓ガラス用の3タイプで構成される
1液1コート仕様 外装光触媒加工の1コート化を世界で初めて成功させた
施工実績 公共住宅、公的施設、大手高級住宅メーカー採用

光触媒の弱点を克服する無光型触媒

光触媒は上記でも触れたとおり地球上で最も強い浄化力を持つ物質で、現在これを上回る浄化物質は存在しません。
しかし、光をエネルギーとする光触媒は光が常に無い「完全無光環境」では利用することが出来ません。例えば、タンスの中・靴箱・エアコンの内部などは光が常に無い=光触媒が利用できない。ということになります。
このような場所は、湿気が多くカビや悪臭の発生が多い場所になりますが、残念ながら光触媒の利用はできませんでした。

ここで、光エネルギーを必要としない無光型の触媒が発明されます。
それはファインラックインターナショナル社が開発した無光応答型の触媒で、室内の熱エネルギーだけで触媒を働かせるのが特徴。その技術は世界特許を取得しております。

当社グループの複合化技術で、昭和電工製光触媒材(開発力は国内トップ)本触媒(無光応答型触媒)をハイブリッド!
更に、浄化力を向上させる取り組みとしてプラチナナノシルバーを融合させ、次世代のスーパーチタンとなるNEWチタンテックスを誕生させました。
 

無光応答型触媒の特性

生体必須ミネラルに含まれる元素から厳選したミネラル複合体で安全性が非常に高い。
光触媒と異なり外部エネルギー(光エネルギー等)を必要とせず、酸化分解力を発生させる。
触媒を活性化させるエネルギーは、室内の温度(空気)をエネルギー源とする。
マイナスイオンを発生させるので室内空間の清涼化に貢献する。
光触媒と比べると酸化分解力は低いが、光触媒を利用できない環境では有効な触媒とされる。
※製造メーカー/株式会社ファインラックインターナショナル
※触媒成分/無光触媒電荷移動型自動酸化還元半導体触媒
※国際特許取得 PCT/JP2005/016479 登録/2006.8.10

私たちができること

私たちができること

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、政府より全国に緊急事態宣言が発出されました。
不要不急の外出自粛や三密(密閉、密集、密接)を避けるなど、感染拡大を抑止する行動をとることを求められています。

株式会社Earth Japanではこの緊急事態に、光触媒加工・コンサルティング業務を取り扱う企業として「今、私たちができること」を考え、社会や企業、そして企業支援など、私たちにできる精一杯の社会貢献活動に一つずつ取り組んでいきます。
この活動にご賛同いただける企業様が少しでも増え、この取り組みが少しでも感染拡大の抑制につながることを心より願っております。

対応エリア

対応地域

関東全域で対応しております。

※その他の地域も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら